熊本東聖書キリスト教会

熊本東聖書キリスト教会[バイブル・プロテスタント]

所在地:熊本県上益城郡益城町木山381-8

牧師:豊世武士

 

【鹿本キリスト教会 原口泉牧師のレポート(クラッシュジャパン山尾研一牧師のFBより転載 4/15時点)】

熊本東聖書キリスト教会に行き、被害状況を見てきました。ちょうど現地に豊世先生ご夫妻にもお会いできました。先生ご夫妻はお疲れでしたが無事です。

建物は写真の通りです。
私が現地で見た範囲では、建物の被害で、東教会の被害が一番ひどかったです。古い納屋がつぶれていたり、壁や瓦が落ちていたり、ブロック塀が崩れていたり、そういった箇所は見ましたが、東教会ほどの被害は見ませんでした。先生ご夫妻はつぶれた1階の裏手(玄関と反対側)から這って出てこられました。
娘さんは、風呂場のドアの下敷きになり,手が挟まれて出て来れませんでした。正座したままの姿勢で動けなかったそうです。救助隊が駆けつけ地震から5時間後に救出されました。今は日赤で治療を受けています。骨折もなく、1週間以内で退院できそうだと聞きました。医師の見込みでは後遺症も残らないだろうという事です。

これから先の生活や、教会のことがどうなっていくのかは、
まだまだとても考えられないという雰囲気でした。

教会の方々も数名来ておられました 。
明日は教会前の駐車場で机を並べて地域の方々に給水のサービスをするそうです。

13001301_10153630573198107_1315360871523344407_n 12990942_10153630572283107_2144910130542057361_n

12990994_10153630572598107_4037988210127364044_n 12472330_10153630572718107_4047591557147275317_n12963707_10153630573053107_4725749639357637313_n 13010731_10153630573068107_124657740281164711_n

 

【4月21日、熊本北聖書キリスト教会 永野兄より報告】

熊本東聖書キリスト教会の豊世武士先生夫妻と、日赤病院から退院した美文姉はしばらく熊本市内の長男さんの家に身を寄せておられます。
また、美文姉は昨日、CGNTV、TBSのテレビ取材を受けられ、今日は熊日新聞の取材を熊本北聖書キリスト教会で受けられました。
お母さんは、美文姉が疲れているからと取材を心配されているのですが、
本人は神様が守られ、無事に救助されたことを伝えることが自分の使命だと言い、頑張って取材に答えられています。
TBSの取材内容は、今日の夕方のNスタで放映されると聞いています。

豊世武士先生の家族の疲れが癒されますように、特にお祈りください。

CGNTVのインタービューを受ける美文姉と、
潰された1階から救出するために
チェンソーなどで切り開いた2階の床の穴の写真を添付しました。

DSCN3239 DSCN3253

 

Facebooktwittergoogle_plusmail