北海道胆振東部地震の情報

2018年09月08日

9月6日未明に最大震度7を記録した北海道胆振東部地震による教会の被災状況、支援活動について、北海道クリスチャン宣教ネットワーク(ホクミン)災害対策本部が情報を発信しています。

ホクミン地震情報

ホクミン北海道胆振東部地震Facebookページ

—————————————————————————————————-

むかわ町の状況(2018/09/08 ホクミン災害対策本部Facebookページより)

—————————————————————————————————-

むかわ町にある穂別キリスト教会(金森牧師)の様子。
(2018/09/09 ホクミン災害対策本部Facebookページより)

「電気は昨日復旧しましたが、水はまだです。

自衛隊が来て、水は大丈夫です。
食事は3度避難所でいただいています。

教会は建物が土台から陥没し、モルタルの壁が剥がれ落ちました。
崩れた壁に電気のメーターがあり、危険な状態です。

避難所で2日過ごしましたが、昨日電気が復旧したので自宅に戻りました。

電気は届いているので、発電機は不要です。
皆さん心配して下さり、来ようとしてくださいますが、今は物資もあり、
来ていただくよりはお祈りをお願いいたします。」

 

 

Facebooktwittergoogle_plusmail