九州北部豪雨災害:九州キリスト災害支援センターの緊急支援活動が始まりました

2017年07月08日

九州キリスト災害支援センターによる、九州北部豪雨災害への緊急支援活動が始まっています。ご協力ください。最新の情報は九州キリスト災害支援センターのFacebookページをご覧ください。

九州キリスト災害支援センターFacebookページ


2017.7.6
九州北部豪雨災害支援活動
(シェア拡散希望)

昨日より福岡県朝倉市、大分県日田市を中心に局地的な集中豪雨が発生しました。

多数の被害が出ており、それに伴い、福岡県朝倉市、大分県中津市日田市に災害救助法が適用されました(自衛隊出動、災害ボランティアセンターの開設)

九州キリスト災害支援センターは熊本地震災害支援に関係する民間ボランティア団体(※1)と協力して九州北部豪雨災害支援の為に活動を行っております。

————————————————————————————————————

本日の作業として、

早朝3時より益城町の民間ボランティア団体で現地入りして状況を発信した団体

各団体の資源の確認と北部豪雨支援の為に必要な物資の情報共有を行いました。

荒尾市にある有明バイブルチャーチから缶パンを50ケース熊本ベースまで運んでいただきました。
九キ災の2トントラックを使用し各団体にある緊急で必要な物資の積み込み作業を行い、九キ災熊本ベースに集まり、全体の打ち合わせさせていただきました。

13時頃、朝倉市に現地入りし、朝倉体育センターに無事に物資お届けすることが出来ました。
その後、朝倉市社協と朝倉市役所対策本部に挨拶をさせていただき、今後、熊本の民間ボランティア団体と協力して人的支援、物資の支援をさせていただきたい意思をお伝えさせていただきました。

今回の災害に伴い、久留米ベテル教会の吉田先生が災害支援の久留米ベースの拠点として設置し情報共有、発信する場所としてご協力いただきました。

最後には熊本災害民間ボランティア団体、九キ災スタッフ、久留米ベテル教会、久留米聖書教会で今後の活動について打合せ行い本日の活動を終了致しました。

九キ災熊本ベースのある益城町、南阿蘇地方、阿蘇地方、熊本県内にも大雨、洪水警報などが発令されており、阿蘇郡では土砂崩れにより、通行止の場所もあります。

現地に着いた時は小康状態になっていましたが、7日に再び雨が強くなる予想のため、これからも予断は許せない状況です。

九キ災熊本ベースは後方支援として福岡県大分県の今後の活動をどのように対応していくか明日の動向次第で決定していきたいと思います。

現地情報や物資募集、活動内容など随時FBにて発信していきますので、ご確認の上、祈りサポートしていただけると感謝です。

————————————————————————————————————

九州キリスト災害支援センターは災害支援の働きの為に引き続き支援金のお願いをさせていただきます。
支援金は熊本地震、九州北部豪雨災害含む災害支援活動の為に活用させていただきます。

■ゆうちょ銀行
【記号】17410 【番号】89238981
九州キリスト災害支援センター
■ゆうちょ銀行以外の金融機関からのお振込
【店名】七四八 【店番】748
【預金種目】普通預金 【口座番号】8923898

◆お問い合わせ

久留米ベース(久留米ベテル教会)
連絡先:080‐3997‐3255(窓口)
住所:福岡県久留米市上津町2192‐172

※注意 九州北部豪雨災害に関して久留米ベテル教会が使用する固定電話等に連絡するのは現状としてはお控えください。上記で対応させていただきます。

(※1 もやいハウス、災害NGO結、友救の会、支援のわ、木山ベース、復興支援福岡、西原村いちげん)

九州キリスト災害支援センター
ディレクター 中村陽志

 

 

 

 

 

Facebooktwittergoogle_plusmail