第2回フォーラム

2012年11月19日

〜“よきサマリア人” となるために〜

日時:2012年11月19日10時〜20日15:30
場所:OCC 411 号室
講師:ホイートン大学人道的災害支援研究所(HDI)
・ディビッド・ボーエン助教授(PhD)
・ジェイミー・エイテン助教授(PhD)
参加者:39名

 7月の第1回フォーラムでは,米国救世軍のケビン・エラーズ博士からチャプレン・プログラムの概要について学びました.今回はその内容を引継ぎな がら,ホィートン大学 HDIの協力により,チャプレン・プログラムを活かすために必要な地域社会と教会とのつながり,災害対応のネットワーク作りとツールの開発等に付いて学 び,日本の現状に合ったチャプレン・プログラムと教会の災害対応のあり方をご一緒に考えたいと願っています。それぞれの教団・教会、諸団体で災害対応を担 当される方々にも有益な内容になるとおもいます。

 

Facebooktwittergoogle_plusmail