第1回 東日本大震災国際神学シンポジウム

2012年07月17日

第1回テーマ:“これからの 100 年を見据えて”
How can we start again? Centurial Vision for Post-disaster Japan

・場所:女子聖学院クローソン・ホール(駒込駅徒歩 10 分)
・時: 2012年3月23日(金)  13:00 〜17:30
・講演者
Juan Martinez フラー神学校准教授、異文化国際プログラム学務担当副学長。
Glen Stassen フラー神学校教授、キリスト教倫理学。
大木秀夫    聖学院大学総合研究所所長、組織神学。
山口陽一    東京基督神学校校長、東京基督教大学教授、日本キリスト教史。
藤原淳賀    聖学院大学総合研究所教授、キリスト教倫理学。
*この他に東北から 1 年間の支援活動とその神学的考察についての報告。

主催、共催、協賛、後援合わせて 29 団体   参加者数   ?
日米の神学者たちが、これから 100 年先の日本のキリスト教会のあ り方を見据えつつ、今のこの「時」を捉え、日本の諸教会に仕え、励まし、現在なすべき働きを論じる時となりました。

Facebooktwittergoogle_plusmail